シマノジコに出会ったが・・・

2018.10.28 Sunday

0

    昨日から目にゴミが入り涙が止まりません。

    それでもやっぱり鳥見に出かけました(^^ゞ

    下島南半分のコースです。

    久和ではジョウビタキ、モズ、ハイタカ、チョウゲンボウなど

    内院にはハクセキレイ、タヒバリ、ムクドリ。

    浅藻はキセキレイ、ノビタキ、ハイタカ、

    めぼしい収穫はありません。

    豆酘では赤米の田んぼの近くと、豆酘崎に向かう途中で

    アサギマダラに出会いました。

    きれいな蝶ですね。

     

    豆酘崎ではダンギクは終わってしまいましたが

    ツワブキが咲き始め

    ダルマギク、シマカンギクなど秋の花が沢山咲いています。

    とても綺麗です。

    花を見ながら遊歩道を歩いていると

    小鳥が道の脇に横たわってました。

    シマノジコでした。

    それも雄成鳥です。外傷は無さそうです。

    秋にシマノジコが観察されたのは2011年10月10日佐護で観察されて以来だと思います。

    秋にも渡ってるんですね。

    野鳥にとって渡りは命がけ

    元気な姿のシマノジコに出会えればテンションMAXだったんですけど・・・

    可愛そうですね。

    持って帰ろうかとも思ったのですが・・・・持って帰ってどうする???

    トビやカラスに持って行かれるのも・・・

    茂みに移動させてツワブキの葉っぱで覆ってあげました。

     

    その後、久根、小茂田と移動して

    収穫の無いまま帰宅しました。

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする