アカハラダカと対馬の昆虫たち

2019.09.01 Sunday

0

    今日は今年のアカハラダカ観察の初日です。

    午前6時半に峠に到着。

    観察開始です。でも初日という事で期待はしていません。

    だんだんと雲が低くなって観察不能状態に・・・・

    霧の中からカラスバトが飛び出してきました。

    その後、会の仲間も増え、雲も明るくなってきました。

    正午で解散するまでに4羽を確認できました。初日にしては上々の滑り出しで!

    アカハラダカのほかにトケン、エゾビタキ、カケスなどを見ることができました。

     

    解散後、小茂田に向かいました。

    昨日情報のあったチュウシャクシギは今日も居てくれました。

     

    近くの筏の上にはキアシシギが2羽

     

    小茂田に行く途中のクヌギの木でオオクワガタの雌を見つけました。

    対馬でオオクワガタを見るのは初めて。

    ヒラタクワガタの雌にしてはかなり大きいし、羽に線があります。

    隣にいたオオスズメバチと同じくらいか少し大きいくらい。

    対馬にもオオクワガタがいると聞いてはいてのですが

    本当にいたのですね!

     

    その他にもカブトムシ

     

    コクワガタ

     

    ヒラタクワガタ

     

    アブラゼミ。アブラゼミもこうして見るときれいですね。

     

    最後はキリギリス。何キリギリスかは分かりません(^^ゞ

     

    以上、対馬の昆虫たちでした(^^♪

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする