アカハラダカin有明山

2019.09.15 Sunday

0

    今日は対馬野鳥の会のアカハラダカ観察会でした。

    内山峠では1万6千羽が観察されました!!

     

    でも私は観察会をさぼり、有明山に登りました。

    朝5時半、清水が丘を出発。

    夜明けが6時5分なので、周りは真っ暗です。

    ライトを頼りに登山道を進みます。山頂までは1時間半。

    山頂には6時56分到着です。汗だくです(^-^;

    到着後、20分くらいは霧がかかっていいましたが

    徐々に霧も晴れて7時半くらいからアカハラダカを観察することができました。

    写真は有明山頂から見た内山峠方向の写真です。

    奥の方に龍良山の山頂が少しだけ見えます。

     

    7時半を過ぎたころから、日掛方向からアカハラダカがどんどんと湧いてきました。

     

    9時を過ぎると山頂上空でタカ柱が出始めました。

    アカハラダカは北北西の方角から侵入すると思っていましたが

    全てのタカが北北東の方角から侵入してきます。

    アカハラダカの侵入ルートの謎が深まるばかりです。

    有明山でアカハラダカが観察できるのか?不安いっぱいで登ってきましたが

    山頂上空に200羽以上のタカ柱が3か所でできたときには、感動しました!

    でも、山頂には私一人。感動を共有できる人がいません(^-^;

     

    10時半を過ぎるとハヤブサやハイタカ、チゴハヤブサは出ますが

    アカハラダカは観察されなくなりました。

     

    11時半まで観察して下山しました。

    山の中にはキノコが沢山!

    キノコの名前は全く知らないので

    まずはキノコ1

     

    それから、キノコ2

    もしかしたらおいしいキノコかも(^^♪

    何かがかじった後があります。

     

    キノコ3

    見た目はおいしそうだけど・・・・

     

    それからキノコ4

     

    最後にキノコ5

    これはなんだか怪しい・・・(^^ゞ

     

    以上、有明山登山報告でした。

    関連する記事
    コメント
    コメントする