セグロサバクビタキ雄!見れず(>_<)

2019.04.07 Sunday

0

    昨日、田の浜でセグロサバクビタキが出ました。

    それも雄!

    躊躇なく見に行くべきですが、この時期南の方も気になる・・・

    そろそろ、キビタキやオオルリも入るはず。

    サバクビタキは

    昨夜抜けていなかったら夕方まではいるはずと・・・

    南を確認して田の浜に向かう事にしました。

    自宅を6時前に出発!

    まず、豆酘崎でセンダイムシクイとクロツグミの声を聴きました。姿は確認できませんでした。

    浅藻では嘴が折れたウミアイサを確認した他は収穫なく

    内院に向かいました。

    内院ではコホオアカ、カシラダカ、ツグミ、ノビタキ、タイワンハクを確認。

    田んぼの草の中20を程のムクドリの群れ。

    よく見てみるとギンムクの雄が1羽と雌が1羽、コムクドリの雄が1羽混ざってました。

    バイクに驚き飛び出したギンムクをパシャリ!

     

    とりあえず、ギンムクは撮れたし

    田の浜に直行です。

    2時間ほどの道のりです。

    道中、昨夜コンサートを見に行ったioraの「冬のサンコウチョウ」というCDを聴きながら

    田の浜を目指しました。

    この「冬のサンコウチョウ」という曲、バーダーにはテンションMAX!曲です。

    ノリノリで田の浜に着きましたが、教えていただいたポイントにはジョウビタキの雌が1羽。

    何度見てもジョウビタキの雌。

    1時間ほどあきらめきれず探しましただ、やっぱり昨夜抜けたようです。

    田の浜でチュウサギとダイサギ、オオバン、ミヤホを確認して戻りました(>_<)

    帰路も「冬のサンコウチョウ」を聴いてると

    午後から新しいのが入っているかもと思い

    そのまま豆酘崎に向かいました。

    朝と変わりなく・・・・

    浅藻で蛇(マムシ?)を銜えたツシマテンと遭遇

     

    その後、内院で今朝撮り損ねたコムクのしょぼい写真と撮って

    帰途につきました・・・・

    ふぅ〜疲れた・・・

     

    これから一か月半!お祭りだー!!”

    疲れるけど楽しい季節だ!!

     

     

    シロカモメ

    2019.03.09 Saturday

    0

      昨日、ピューパさんからシロカモメではないかとの情報がありました。

      シロカモメだとすると、これまで対馬では情報がなかった種です。

      今日、画像を見せてもらいました。

      シロカモメのようです!!

      ピューパさんありがとうございました(^^♪

      対馬の記録に1種追加です。

      撮影:ピューパさん

       

      撮影:ピューパさん

      明日は日曜日・・・でも雨の予報・・・

      雨にも負けず、風にも負けず、行ってみるか!!!!

       

       

      ハギマシコが来てくれた!

      2019.02.10 Sunday

      0

        昨夜は帰省している長男と

        おいしい日本酒をたくさん飲みました(^^)

        という事で今日は遅めの出発です。

        いつもの通り、豆酘崎に向かいました。

        遊歩道を歩いていると

        一羽の小鳥が目の前の松の木の枝に飛んできました。

        ハギマシコです!

        今年も来てくれてうれしくなりました。

         

        すぐに崖の下に飛んでしまいました。

        1羽のはずは無いと思い、30分くらいして戻ってみると

        10羽ほどがツワブキの種子を食べていました。

         

        ハギマシコに出会えたので気を良くして

        浅藻に向かいました。

        今季、ツグミに出会えなかったのですがやっと会うことができました。

        もろ枝被りですが、やっと出会えたので・・・

         

        アオジも相手をしてくれました。

        それほど珍しくは無いと思いますが

        なかなかすっきりした所に出てきてくれません。

        出てきてくれると嬉しくなります。

         

        内院川にホシハジロが1羽いました。

        下の方でホシハジロに出会うのは珍しいです。

        その他にハクセキレイ、ミヤマホオジロ、ツグミ、シロハラ、タヒバリなどがいました。

         

        今日は久しぶりに楽しい鳥見ができました。

        明日は家族でギターのコンサートに行きます。

        私は今回で3度目ですが、いつも感動します

        明日が楽しみです。

         

         

        今年もよろしく!!

        2019.01.20 Sunday

        0

          長い間さぼってました(^^ゞ

          毎週末に鳥見はしていたのですが

          ほとんど写真を撮ってませんでした。というか・・撮る鳥がいなかった・・・

          というわけで、今日は出会う鳥はすべて撮ってやろうと気合を入れて出発です。

          久和から下島一週のコースです。

          久和でモズに出会いました。

           

          浅藻ではイソヒヨドリが相手をしてくれました。

          他にはマガモとクロサギ、ミヤマホオジロ

           

          板形には毎年越冬に来るカンムリカイツブリの群れがいました。

          元日に今季初めて確認したのですが、例年の半分くらいの20羽ほどしか来ていません。

          ウミウとヒメウは例年と変わらないくらいかな。

          豆酘崎に向かう途中、シロハラに出会いました。

          シロハラとノスリは例年並みって感じ。

           

          豆酘崎ではいつも出会うハヤブサがいました。

          今日はいつもいる先端の方の枯れ松ではなく、集落側の枯れ松にとまっていました。

           

          大晦日にカツオドリを10羽確認したのですが

          その後はタイミングで居たりいなかったり・・・今日はいませんでした。

          ハジロカイツブリは10羽ほどいました

          ウミアイサは300羽ほどが越冬しています。

          200羽ほどと思っていたのですが、写真を撮って自宅で確認してみると300羽以上が写っていました。

          この写真には200羽ほどが写っています。そんなに多く感じれませんね。

           

          小茂田神社でハクセキレイとタヒバリに出会いました。

          ミヤマガラスも多かったのですが、白色型のコクマルガラスはいませんでした。

           

          今日はつよか北西風が強かったので、尾崎に海鳥たちが入っているのではないかと期待したのですが

          いませんでした。

          ウミアイサが5羽とウミウ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ・・・

          先端のグランドの所に着くと携帯が鳴りました。

          正ちゃんからです。正ちゃんに気付かず通り過ぎたようです(^^ゞ

          オジロワシが山の上に止まっていると教えていただきました。

          場所を教えていただいて双眼鏡で確認するのですが分かりません。

          スコープをあわせてもらって、やっと確認できました!

          絶望的に遠いのですが、今日は出会う鳥は撮るぞ!と決めていたので・・・・

           

          最後は自宅近くでメジロと遊びました。

           

          今季はまだツグミに出会いません。カシラダカやキクイタダキなどにも会いません。

          例年に比べて冬鳥が少ない感じです。

          なるべくブログの更新をさぼらないように頑張りたいと思います(^-^;

          皆さん、今年もよろしくお願いいたします。

           

          今月26日(土)27日(日)の2日間、対馬市交流センター3階展示ホールで

          第12回「対馬の野鳥写真展」を開催します。

          130枚の対馬のかわいい野鳥たちの写真がお待ちしています。

          見に来てくださいね!!

           

           

           

           

           

           

          マガンとシベリアジュリン

          2018.11.18 Sunday

          0

            今日は先週と逆周り。

            洲藻をのぞいた後、加志に向かいました。

            加志の調整池の葦原にはシベリアジュリンかオオジュリンがいるのですが

            どちらの道からも遠い・・・それにすぐに葦原の下に潜り込みます。

            結局、オオジュリンなのかシベリアなのかわかりませんでした。

            電線にムクドリが3羽いました。

            ムクドリを見ていると海の方からマガンが飛んできました。

            加志川に下りたので、そっとガードレールの下から撮影しました。

             

            その後、尾崎に向かいました。

            ここではシベリアジュリンをゆっくり見ることができました。

            正ちゃんが言っていたように5羽いるみたいです。

            オジロワシには出会えませんでした。海鳥たちもまだまだのようです。

             

            これといって収穫が無いまま小茂田、久根、瀬、豆酘崎と進みました。

            今日はチョウゲンボウによく出会いました。

            洲藻、小茂田、椎根、久根、豆酘崎

            写真は豆酘崎の個体

             

            今日はカツオドリは確認できませんでした。

            ツワブキが満開でとても綺麗でした。

            カワラナデシコが咲いていました。

             

             

             

             

            今年もカツオドリがやってきた!

            2018.11.11 Sunday

            0

              先週、鳥見ができなかったので

              今日は気合を入れて下島一週のコースです。

              まずは内院、浅藻とまわりましたが、これといっていません。

              浅藻の草地ではハイタカが狩りをしていました。狙いはホオジロのようでした。

              失敗して木にとまって睨まれました。失敗したのは私のせいではないのに・・・

               

              今日の目的はカツオドリ。

              昨年の初認が11月19日。少し早いかなと思いましたが

              豆酘崎で探しました。

              ウミネコやウミウはいますが、カツオドリの姿はありません。

              やはり早かったかと思いましたが

              瀬の定置網のブイで1羽を確認できました。

              でも、遠い・・双眼鏡では確定しずらくスコープでやっとわかるくらい。

               

              豆酘崎ではミヤマホオジロとアトリの群れが入っていました。

              ミヤマホオジロは他の所でもたくさん見かけました。

               

              時期外れのスミレが一輪咲いていました。

              天気も良く暖かかったので間違って咲いたのかな?

               

              タマムラサキの1株だけでしたがまだ咲いていました。

               

              その後、久根、小茂田とまわりましたが収穫はありません。

              小茂田祭りの出店でお昼用にお好み焼きを買いました(^^)

              尾崎、加志ではシベリアジュリンらしき姿を見ましたが

              出てきてくれませんでした。

              加志では10羽ほどのカシラダカの群れが入っていました。

              シマノジコに出会ったが・・・

              2018.10.28 Sunday

              0

                昨日から目にゴミが入り涙が止まりません。

                それでもやっぱり鳥見に出かけました(^^ゞ

                下島南半分のコースです。

                久和ではジョウビタキ、モズ、ハイタカ、チョウゲンボウなど

                内院にはハクセキレイ、タヒバリ、ムクドリ。

                浅藻はキセキレイ、ノビタキ、ハイタカ、

                めぼしい収穫はありません。

                豆酘では赤米の田んぼの近くと、豆酘崎に向かう途中で

                アサギマダラに出会いました。

                きれいな蝶ですね。

                 

                豆酘崎ではダンギクは終わってしまいましたが

                ツワブキが咲き始め

                ダルマギク、シマカンギクなど秋の花が沢山咲いています。

                とても綺麗です。

                花を見ながら遊歩道を歩いていると

                小鳥が道の脇に横たわってました。

                シマノジコでした。

                それも雄成鳥です。外傷は無さそうです。

                秋にシマノジコが観察されたのは2011年10月10日佐護で観察されて以来だと思います。

                秋にも渡ってるんですね。

                野鳥にとって渡りは命がけ

                元気な姿のシマノジコに出会えればテンションMAXだったんですけど・・・

                可愛そうですね。

                持って帰ろうかとも思ったのですが・・・・持って帰ってどうする???

                トビやカラスに持って行かれるのも・・・

                茂みに移動させてツワブキの葉っぱで覆ってあげました。

                 

                その後、久根、小茂田と移動して

                収穫の無いまま帰宅しました。

                 

                 

                今日の峠は凄かった!!

                2018.09.17 Monday

                0

                  今日は対馬野鳥の会のアカハラダカ観察会!

                  6時前に自宅を出発(^^)

                  予報では対馬の天気は晴れ。今日は期待できるだろうとワクワクしながら

                  峠に向かいました。

                  近づくにつれ雲が予想よりかなり低い・・・・

                  峠にもう少しというところで霧が出始めました(>_<)

                  6時15分に峠に到着。

                  東はわずかに海が見えますが内山盆地は霧で真っ白です。全く視界がありません。

                  東の方はこんな感じでした。

                   

                  霧が晴れるのを期待してわずかに観察できる東の海を眺めました。

                  徐々に明るくなり、観察会開始直前に盆地が見え始めました。

                  観察者も多くなり観察会開始です。

                  最初は20、30の群れが観察され始め、時間を追うごとに霧が消え数も増え始めました。

                  11時ころには峠の展望台のあちらこちらから歓声が上がります。

                  こちらに500、いやいや1000、みんな見ている方向が違います。

                  私には数年ぶりのすごい観察となりました。

                  楽しかった〜

                  1時に過ぎには飛んでいるアカハラダカが渡っていかず降りる個体が出始めたので

                  1時半に観察終了となりました。

                  今日、4時間余りで観察できた数は3万2千!!ものすごい数です。

                  写真は群れのごく一部です。

                  ズームすると数が入らないし、引くと芥子粒でなんだか分からなくなります。

                  内山のアカハラダカの渡りの感動を写真で伝えることができないのが残念です。

                   

                  観察会終了後、峠を降りると

                  チョウゲンボウが電線にとまっていました。

                   

                  峠をうろうろしていたチゴハヤも休んでいました。

                   

                  アカハラダカもかなりの数が島内で一泊していると思います。

                  観察会終了後、豆酘の美女塚周辺でも10羽ほどのアカハラダカを見ましたし

                  内山から久田に抜ける林道でも多くのアカハラダカに逢いました。

                  明日も期待できそうです!!

                  夜にはいつもお世話になっている大先輩から夕食のお誘いで

                  島外から観察に来られている方々と夕食と鳥談議でとても楽しい時間を過ごしました。

                  今日は昼も夜もいっぱい遊んでとても楽しい一日で大満足です(^^♪

                  明日は峠に行けませんが、皆さんカウントをお願いします!

                  上ばかり見ていたので顔が日焼けでヒリヒリします(^^;

                   

                   

                   

                  今日から内山峠!

                  2018.09.02 Sunday

                  0

                    今日は9月2日。暑かった8月も終わりアカハラダカの季節です。

                    朝起きると曇っています。峠も雲の中のよう。

                    でもやっぱり出かけることにしました。

                    峠には7時過ぎに着きましたが、やっぱり雲の中。

                    他を探鳥しながら雲が晴れるのを待つことにしました。

                    瀬の田んぼにはツメナガセキレイが30羽ほどいました。

                    冬羽のツメナガセキレイ

                     

                    まだ夏羽の残るツメナガセキレイも混ざってました。

                     

                    峠近くではトケン類を2羽見ました。帰りに通った矢立林道でも4羽のトケン類に飛ばれました。

                    たくさん入ってるようです。

                    エゾビタキもたくさん入って来てます。

                     

                    峠は10時くらいに霧が晴れてきました。

                    峠で今季初のアカハラダカを期待して

                    ゆるるばってんさん、沈まんばいさん、正ちゃん、ミセスと待ちました。

                    ハヤブサやアマツバメ、キセキレイにエゾビタキ、ツバメにコシアカツバメを見ました。

                    アカハラダカは出てくれませんでしたが

                    久しぶりの鳥友とのおしゃべりは楽しかった〜

                    台風が通り過ぎた後に本格的なシーズンになるのでは!と期待してます。

                     

                     

                    アマツバメの乱舞

                    2018.07.25 Wednesday

                    0

                       こんにちは、当ブログの管理人anyanの弟です。

                       

                      白嶽(しらたけ)

                       

                       昨日7月24日(火)、仕事で白嶽に登ったところ、山頂で数十羽(100羽くらい?)の野鳥が高速で飛び交っていました。

                       

                       形はツバメ、翼の形は三日月状、腰の白い羽毛が目立っており、アマツバメでしょうか?

                       

                       いままで何十回も白嶽に登っていますが、この季節(真夏)に登ることはあまりないので、白嶽山頂ではよく見られる光景なのか、たまたま群れが渡ってきていたのか、不明です。

                       

                      ↑クリックすると再生されます。(YouTube 24秒)